読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おんなのはきだめ

ダメなおんな、ダメなりにも生きるんだよ。

1つのバー、2人のおんな (前編)

忘れられないおんながいる。いや、生物学的には男だが。 彼女との出会いは、私が25歳の時だった。 地元の大学を卒業し、就職を機に上京した私にとって、東京の夜の街は、遊園地のようだった。 営業という仕事柄、飲み屋はずいぶん覚えた。今までに行ったこと…

彼氏がいるのに、彼氏がいないと言い続けるおんなたち。

女友達と「ドタイプな人が現れ、彼氏がいるか問われた時に、彼氏がいることを正直に言うか」という話になった。 聞くところによると、1人はタイプの前ではいないと嘘をつくらしく、もう1人はうまくいかなくて自然消滅状態、と答えるらしい。 私は誰に対し…